電話を使って仕事をするのなんて、やめちゃえば?

昔は、電話というのも大切な仕事のツールの一つだったのかもしれません。
会社の中には電話の応対や、問い合わせに対してのマニュアルやマナーが存在しているくらいです。
電話なしでは仕事や営業ができないというような時代も、きっとかつてあったのでしょう。
定年に近い60歳くらいの年代や、定年後の嘱託で採用されている社員さんなんかは、やはりメールや社内SNSよりも電話を使うことが多いように感じます。
しかし、最近では、電話のやりとりというのは古い習慣だと思わざるを得ません。
ただ単にやり方が古いとか非効率だとかというだけでなく、できればなくしていった方がいいと思っています。
というのも、最近ではひっきりなしに電話がなるなんてこともありません。
静かな職場で電話で話しているというのは、意外に声が通るものだし、他の人の作業の邪魔になります。
電車の中では通話は控えるようにというマナーがあるのも、自分と関係ない通話の内容を聞かされるというのが不快だからだと思っています。
なのに、仕事しているという理由で職場でそれが許されるというのも、そろそろみんな違和感に気が付くべきではないでしょうか。
電話を使わない方法でスマートにやりとりする方法があるのに、電話がいちばんという思い込みはいまだに強区の凝っているような気がします。ミュゼ 100円 無料カウンセリング