私の子育てする環境の良さに感謝しないと。

子育て支援センターで子どもを遊ばせていると、いつもは見かけないママさんに出会いました。
うちの娘と同じくらいのお子さんを連れていたのですが、大人しい方で挨拶しても反応が薄く、話しかけづらいオーラを放っていました。
あまり気にせず他のママさんと情報交換したりしていたのですが、突然そのママさんにが子どもを叱り始めたんです。
まだ生後半年くらいの子に対して大声で怒鳴り、手はあげないまでも異様な雰囲気でした。スタッフの方も慌てて駆け寄り、ママさんをなだめていました。
よく見ると目の下にはクマができ、顔も青白くやつれている感じだったので、育児に疲れていたのかもしれません。情報通のママさん曰く、シングルマザーでご実家の協力もなかなか得られない事情があるみたいです。
私は主人が家事や育児に協力的ですし、主人の両親も近くに住み、妹もよく遊びに来てくれているので何とか子育てを楽しく行えています。このママさんの現状を考えると辛くなりました。子育て支援センターに来ることがこのママさんのリフレッシュになれば良いなと思うので、次に見かけたら声をかけてあげたいなと思います。
脱毛ラボ 川崎

本当の友達って何だろう?って考えてみることありますか。

友達というたった二文字の意味を考えることってないですか?そして、本当の友達ってなんだろう?何人自分にはいるんだろ?って。そんなふうに思うことってないですか?人に傷つき、裏切られた時などとっても考えると思います。私は、友達のことは、年齢がいくにつれてこう思うようになりました。本当の友達は、1人か、2人いればいい。その1人か、2人を持てるかどうかだって。そして、本当の友達って、楽しい時の友達でなく、自分が辛く、悪い時こそそれでも一緒に変わらずいてくれる人こそが本当の友達なんだと思います。私は、ずっと信じていた友達達に驚くほど辛い別れをしました。その時、苦しい時こそ一緒にいてくれた友達が今のたった何人かの友達です。良い時に一緒にいる友達は自分といるのではなく、自分についている良いなにかなんだとしりました。悪い時こそ、一緒にいてくれる友達こそが、本当の友達であり、親友と言えるたった二文字の本当の友達なんだと知りました。ミュゼ 足